スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本病院事件で急死した医師、逮捕時から不調 前日に急性腎不全(産経新聞)

 奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(廃止)で肝臓の手術を受けた男性患者=当時(51)=が死亡した事件で、県警は25日、同病院の元勤務医、塚本泰彦容疑者(54)=業務上過失致死容疑で逮捕=が同日午前、死亡したことを明らかにした。病死とみられるという。

 県警によると、塚本容疑者は25日午前7時半ごろ、勾留(こうりゅう)中の桜井署の留置場内で、あおむけに倒れているのを食事の支給にきた看守係が発見。県内の病院に搬送されたが意識不明の重体で、約3時間後に死亡したという。県警で死因や経緯を調べる。

 県警によると、塚本容疑者は今月6日の逮捕時から食欲不振と睡眠不足を訴え、県内の病院で3回、診察を受けていた。24日には急性腎不全と診断され、点滴などの処置を受けたが、医師は「入院の必要はない」としていたという。

【関連記事】
奈良・山本病院死亡事件 名門医大出身の医師に何があったのか?
「簡単や」山本理事長執刀の患者だけ死亡 以前は肝臓専門医
山本病院、術前スタッフ会議を実施せず 輸血発注も出血後
山本病院理事長「死因は心筋梗塞に」 手術隠蔽を意図か
輸血準備「いらん」 執刀の山本病院理事長、患者死亡の一因か

月給減少率、過去最大の1.5%=4年連続マイナス-09年厚労省調査(時事通信)
英国の33歳女性、18回流産乗り越え出産(スポーツ報知)
自社株で相場操縦 フリーペーパー社員に25万円の課徴金納付命令(産経新聞)
ファイル共有ソフトで音楽公開=著作権法違反容疑、男逮捕-香川県警(時事通信)
【チャイム】山手線ラッシュ時の座席収納が終了(産経新聞)
スポンサーサイト

行政刷新副大臣に蓮舫氏浮上=法改正後のポスト増見据え(時事通信)

 枝野幸男行政刷新担当相を補佐する副大臣に民主党の蓮舫参院議員を起用する案が22日、浮上した。政府関係者が明らかにした。同党が議員立法で今国会に提出する国会改革関連法案が成立し、副大臣・政務官の定員が増員された後に検討が具体化する見通しだ。
 蓮舫氏は昨年秋、予算の無駄遣いを排除する事業仕分けで、統括役を務めた枝野氏とともに「仕分け人」として中心的役割を果たし、世論の注目を集めた。蓮舫氏の起用が浮上した背景には、内閣支持率などが低迷する中で政権浮揚につなげたいとの思惑があるとみられる。 

五輪フィギュア 浅田と安藤に大声援 中京大(毎日新聞)
<五輪フィギュア>高橋、底力出し切る 万感、顔おおい(毎日新聞)
小学校1万校にスクールカウンセラー配置へ(読売新聞)
石川議員、辞職重ねて否定(時事通信)
トヨタは誠実対応を=鳩山首相(時事通信)

偽造株主優待券 密輸容疑で6人逮捕、マックを1万8千枚(毎日新聞)

 偽造された日本マクドナルドホールディングス(本社・東京都新宿区)の株主優待券約1万8000枚を輸入したとして、愛知県警捜査2課と港署などは22日、金沢市古府、自称リフォーム業、浅野盛造容疑者(51)ら男6人を偽造有価証券輸入容疑で逮捕した。県警は、浅野容疑者らが転売目的で08年12月ごろに5万4000枚(時価約3000万円)以上を密輸していたとみて追及する。

 容疑は08年12月7日ごろ、中国・杭州の郵便局から、株主優待券約3000冊が入った段ボール3箱を岐阜市内の浅野容疑者の家族宅など3カ所に航空便で発送し、同8日ごろに成田国際空港から輸入したとしている。県警によると、浅野容疑者ら2人は「中身が優待券とは知らなかった」と否認、他の4人は「浅野容疑者に頼まれ、受取先の住所を提供した」などと容疑を認めているという。

 県警によると、優待券は1冊6枚つづりでハンバーガーやドリンクなどが無料で買え、ネットオークションでは1冊3600~4200円程度で取引されているという。偽造券は漢字や記号の表記が一部異なっていた。県警は、浅野容疑者らが中国の印刷業者に優待券を偽造させていたとみて調べている。

 08年12月、段ボール箱が重いのを不審に思った名古屋税関職員が検査して発覚した。税関は、中部国際空港などで計9000冊の偽造優待券を押収した。【秋山信一、中村かさね】

【関連ニュース】
日本マクドナルド:神奈川の全店3月1日から全面禁煙
外食産業:売上高が6年ぶり減少…09年
日本マクドナルド:上場以来の最高益 独自メニューが勝因
日本マクドナルド:社員の「過労死」認定 東京地裁
けいざいフラッシュ:神奈川県内マック、全店全面禁煙

鳥取県市長会「日本のチベット」に抗議声明(読売新聞)
寺島しのぶさん ベルリン映画祭で最優秀女優賞を受賞(毎日新聞)
中型犬が校庭侵入 児童5人かまれけが(産経新聞)
<中部国際空港>開港5周年祝う式典開催 川上社長も出席(毎日新聞)
<名古屋ひき逃げ>赤信号無視し進入…運転の容疑者が供述(毎日新聞)

<自殺>交通事故との因果関係認定…福岡地裁が賠償命令(毎日新聞)

 交通事故で重傷を負い、事故から約3年2カ月後に自殺した男性(死亡時21歳)の両親が、相手の乗用車を運転していた男性に約5120万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、福岡地裁であった。南場裕美子裁判官は「事故による障害や自分の将来を悲観しての自殺。他に原因はない」と、慰謝料など約1660万円の支払いを命じた。精神疾患などに罹患(りかん)した医学的診断はなく、判決は生前の言動などから事故との因果関係を認定した。

 判決によると、事故は04年2月、福岡市東区の県道で発生。原付きバイクで直進していた高校3年生(当時)の男性と、反対車線から右折してきた飲酒運転の乗用車が衝突した。男性は事故後に数回の手術を受けたがひざの関節が変形し、歩くのにつえが必要となった。運送会社からの就職内定も辞退し、07年4月に自宅で首つり自殺した。【和田武士】

【関連ニュース】
裁判員裁判:初の危険運転致死罪、被告に懲役14年 千葉
’10裁判員:危険運転致死、懲役14年 「飲酒大量、量刑を重く」--千葉地裁判決
懲戒免職:県教委、教諭を処分 酒気帯びで電柱に衝突、道交法違反で有罪判決 /千葉
自動車運転過失致死傷:被告に懲役3年 「飲酒発覚恐れ逃走」--地裁判決 /富山
元岩国市職員の酒気帯び運転:人身事故の元職員に有罪判決--地裁岩国支部 /山口

<将棋>久保の封じ手は8六歩 羽生は強気 王将戦第4局(毎日新聞)
五輪スノーボード 国母も決勝へ 男子ハーフパイプ(毎日新聞)
雑記帳 盛岡芸者見習い募集の求人票(毎日新聞)
派遣法改正案、政府案通り諮問へ…社民ら容認(読売新聞)
公明と政策協議 みんなの党・渡辺代表(産経新聞)

<著作権代行会社>訴訟あっせんで報酬か 非弁活動容疑(毎日新聞)

 著名な作家らの著作物使用の許諾代行をしている株式会社「日本ビジュアル著作権協会」(東京都新宿区)が、作家らを原告とする著作権絡みの訴訟を提携先の弁護士にあっせんし、賠償金の一部などを報酬として得ていた疑いのあることが関係者の話で分かった。弁護士以外が報酬目的で法律事務をあっせんするのは非弁活動として弁護士法で禁止されており、検察当局が同法違反容疑で捜査している模様だ。

 同社は、報道カメラマンだった曽我陽三社長が82年に設立し、02年に現在名にした。曽我社長が理事長を務める同名の一般社団法人があり、会員は1月現在、谷川俊太郎さんや妹尾河童さんら作家や詩人、学者など約380人で、会費は無料。

 関係資料によると、同社は出版社などの学習教材に著作物の2次使用を許諾するかを会員に確認し、代行するのが主な業務。著作権侵害がないか出版物の調査もしている。調査を基に会員を原告とする損害賠償訴訟を東京地裁などで約20件起こし、一部は和解が成立。提携する弁護士を会員一人一人に担当弁護士として充てている。

 複数の会員や元会員によると、著作権侵害が見つかると同社から提訴を持ちかけられ、担当弁護士名などが書かれた「委任状」に署名を求められた。示談や訴訟で賠償金を得た場合、原告の会員は半額程度しかもらえないという。

 曽我社長は毎日新聞の取材に「弁護士の下請けみたいな仕事はやっていた。事務経費はもらっているが、違法なことはやっていないつもりだ」と話した。また、同社と提携する複数の弁護士の事務所は「一切お答えできない」などと、いずれも取材を拒否している。

【関連ニュース】
著作権:松沢・神奈川知事が敗訴…著書の1カ所が「侵害」
著作権法違反:新手のソフトでアニメ流出 埼玉の男を逮捕
書籍デジタル化:米グーグル和解案 司法省が法抵触を懸念
著作権法:新聞協会が反対意見書 2次利用緩和に
著作権侵害:松沢・神奈川県知事が敗訴 著書の1カ所--東京地裁判決

<消費税>自民に影響必至 参院選「対立軸」あいまいに(毎日新聞)
「いないいないばあ」 絵本画家の瀬川康男氏死去(産経新聞)
予算案、年度内成立へ=3月1日にも衆院通過-与党方針(時事通信)
医療費の明細書、病名告知との関係に懸念(医療介護CBニュース)
五輪スピード 「静と動」で初メダル…長島選手と加藤選手(毎日新聞)

元Jリーガー、強盗と強制わいせつの疑いで逮捕 容疑否認 警視庁 (産経新聞)

 女性に無理やりわいせつな行為をして財布を奪ったとして、警視庁渋谷署は強盗と強制わいせつの疑いで、住居不詳、元サッカー日本代表候補の無職、茂原岳人容疑者(28)を逮捕した。同署によると、茂原容疑者は「強制わいせつではなく合意の上だった。財布も取っていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年12月中旬の深夜、東京都渋谷区内の路上で、帰宅途中だった女性=当時(19)=を駐車場に引きずり込みわいせつな行為をしたほか、現金数万円などが入った財布を奪ったとしている。

 同署によると、現場に残された体液のDNA型などから茂原容疑者が浮上。今月上旬、強盗などの疑いで指名手配して行方を追っていた。今月12日になり、山梨県内で同県警が茂原容疑者を発見して身柄を確保し、同署に引き渡した。

 茂原容疑者は元Jリーガーで平成18年、川崎市内の女性方に侵入したとして住居侵入容疑で逮捕され、起訴猶予処分になった。

【関連記事】
「私は神と同じ」… 信者にわいせつ容疑の韓国人牧師の素顔
収容少年のズボンに手 中等少年院教官、容疑で逮捕 神戸地検
電車内の防犯カメラ 「設置に賛成」8割超
女性の胸触る、容疑のわいせつ教諭を停職6カ月
「胸を触らせて」と女性巡査にメール セクハラで巡査部長停職処分 兵庫県警

北教組資金、民主・小林氏陣営側が違法性を認識(読売新聞)
「5億円送金しろ…」浜崎あゆみさん宅に脅迫文(読売新聞)
<鴻巣市移動支局>ひな人形の街 人文字でPR 埼玉(毎日新聞)
北海道教組から民主・小林議員側へ1000万円超の裏金か 札幌地検が捜査(産経新聞)
迷惑鉄ちゃん 「あすか」目当てで線路侵入 1万人に影響(毎日新聞)

千葉の光洋会が民事再生手続き開始決定(医療介護CBニュース)

 今年1月に民事再生法の適用を申請した千葉県南房総市の医療法人光洋会(宗像克治理事長)が、2月2日付で千葉地裁から民事再生手続きの開始決定を受けていたことが分かった。再生債権の届け出期間は3月5日までで、再生債権の一般調査期間は4月23-30日。

 光洋会は、精神神経科、内科を手掛ける「三芳病院」や一般内科、リハビリテーション科などの「みよしクリニック」などを南房総市内で経営。2005年4月にさいたま市の医療法人社団双樹会の傘下に入ったが、今年1月に双樹会が自己破産申請を視野に債務整理に着手したため、これに連鎖する形となった。
 帝国データバンクによると、負債総額は約21億2000万円。


【関連記事】
千葉の光洋会が民再法の適用申請、双樹会に連鎖
さいたまの双樹会が一時休診へ、入院患者は16日めどに転院
「日本複合医療施設」が破産手続き開始
今年度の医療機関の倒産件数、過去最悪を更新
有床診療所経営の茨城の法人に破産手続き開始決定

社民、期限付き九州北部案で調整=国民新にシュワブ陸上案-普天間移設(時事通信)
<高校授業料>滞納分を無利子で融資 厚労省が特例で(毎日新聞)
<火災>住宅の一部焼き女性死亡 男性が重傷 東京・大田(毎日新聞)
国会議員アンケート 外国人参政権 民主党にも反対論(産経新聞)
<火災>名古屋市緑区でアパートの部屋燃える 男性が死亡(毎日新聞)

天下り14法人に公募要請=厚労省(時事通信)

 厚生労働省は12日、同省OBが5代以上連続して同一の役員ポストに再就職している公益法人などの「天下り団体」14法人に対し、新たに役員を選任する際は公募するよう要請したと発表した。対象ポストは計16。政府は昨年9月、天下り根絶のため役員を公募する方針を閣議決定している。今回は5代以上の天下りがあり、2010年度以降も補助金を受ける法人に要請した。
 同省はこうした法人について、2割を上限に補助金を削減することも検討しており、コスト削減を徹底する。一方、5代連続で天下りを受け入れているものの、10年度予算案で補助金を全廃する7法人は、公募要請の対象外となった。 

【関連ニュース】
次官から部長に降格も=官邸主導で幹部人事
損保協副会長人事を調査=官房副長官
不慣れな経済、答弁に不安=公約財源捻出に試練
衆院代表質問の詳報
閣僚あっせんも「天下り」=鳩山首相

<足利事件>謝罪論告わずか1分 菅家さん表情硬く(毎日新聞)
北海道・余市岳で一時不明の6人、無事に下山(読売新聞)
【ショートトラック】駆けろ「美馬」 名付けた祖父も応援(産経新聞)
漁船銃撃、ロシアへの抗議取り下げず=平野官房長官(時事通信)
集団密航幇助の元NPO代表に一部無罪判決(産経新聞)

<子宮頸がん>産婦人科医の対馬ルリ子さんに聞く/2止 「検診、ワクチンで予防を」(毎日新聞)

--若い女性がかかりやすいのですか。

 若者の方が、がん化しやすい「ハイリスクHPV」が多いのです。たぶん、性交のチャンスが多いからだと思います。HPVは100種類以上、発見されていて、そのうち、ハイリスクタイプは15種類。もっとも多いのが16型と18型で、世界の子宮頸がんの7割を占めます。

--ワクチンの副作用は。

 痛いとか、赤くなるとか(笑)。HPVは、球形の殻の中にDNAが入ったウイルスです。ワクチンは遺伝子工学的に、この殻と同じものを作って、DNAが入っていない偽の殻だけを打ちます。すると体内に抗体ができて、次に同じ形のものが入ってきた時に、中にDNAがあってもなくても攻撃する。ただのタンパクで、ワクチンに病原性はないんです。

--ワクチンが効果的な年代は。

 性交渉が始まる前に打てば、16型と18型についてはブロックできる。日本で認可されたGSKワクチンは10歳以上で上限なしです。6カ月間に筋肉注射を3回。免疫ができれば、高い免疫力を保てます。先進国では5、6年前から、9歳~14歳くらいの女の子全員に、学校でワクチンを接種しています。もともと検診率も80%以上の国が多く、子宮頸がんの死亡率は低い。欧米の女の子は、恋人ができて、性交渉があったら、HPVに感染するリスクがあると知っていますよ。

--日本は?

 検診率は23%で、都市部ほど低い。特に20代の検診率は10%に届きません。ウィミンズ・ウェルネス銀座クリニックで調べたところ、子宮頸がん検診を初めて受けた年齢は平均31歳でした。検診は、頸部の細胞を顕微鏡で見て「前がん状態」を見つけ、治療するためなので、本当は、20代前半が検診開始の時期です。性交の開始から5年~10年でがんになりますから、がんになる前に見つけられなくなってしまう。

--ワクチンが認可されました。

 日本は遅れていて、先進国では最後です。公費負担の話は、自治体によって進みつつあるところです。自費では接種料、手技料、診察料などを入れて、3回で約5万円かかります。日本には正確ながん統計がなく、年間8000人~1万5000人が新たに子宮頸がんにかかり、2500人~3500人が亡くなっているといいます。性交開始年齢が早くなっていて、高校3年生で4、5割の女子生徒が性交を開始していますから、20代の子宮頸がんは10年前の5、6倍に増えていると思います。

--すでに20代以上の女性はどうすれば。

 検診を受けてください。ワクチンの効果もあります。もし16型のウイルスを持っていたとしても、18型をブロックできればリスクを減らせる。すでに前がん状態になったことがあって、局所免疫で排除されたかもしれませんが、その場合は体内に抗体ができるわけではないので、別の相手から新たに感染する可能性があります。10代前半の予防効果が7割とすると、30代で5割、40代でも3、4割のリスク低減があると言われています。特に、未婚の30代、40代は若者と同じです。性交渉の機会があって、パートナーが変わる可能性がある人は、どの年代でも予防効果が期待できます。

◇つしまるりこ 1958年青森県生まれ。弘前大学医学部卒。産婦人科医。東京大学病院、都立墨東病院周産期センター産婦人科医長などを経て02年にウィミンズ・ウェルネス銀座クリニックを開院。 03年、女性外来を進める「女性医療ネットワーク」を設立。著書に「女性外来が変える日本の医療」(築地書館)ほか。

【関連ニュース】
対馬ルリ子さんの受験術 「簡単にあきらめないで」
子宮頸がん:ワクチン接種、全額助成 新中1対象に 東京・杉並区
子宮頸がん:「正しい理解と検診を」 名古屋の難波さんら、体験経て啓発協会設立
がん検診受診率を引き上げ 鳩山政権の通信簿

「陸山会」所有物件、小沢氏の資産に 権利関係あいまい(産経新聞)
鳩山首相 冬季パラリンピック選手にエール(毎日新聞)
日薬が改定答申で見解(医療介護CBニュース)
大学病院の診療報酬「劇的に改善する」―鈴木文科副大臣(医療介護CBニュース)
【静かな有事】第3部 逆転の発想(4)路面電車走る“コンパクト市”(産経新聞)

検察「窃盗」弁護側「横領」真っ向対立、鯨肉裁判(読売新聞)

 鯨肉を持ち出したのは窃盗か、「横領」を暴くための正当行為か――。

 環境保護団体「グリーンピース・ジャパン」のメンバー2人が窃盗罪などに問われ、青森地裁で15日に開かれた初公判は、盗みに及んだ事実関係を淡々と立証する検察側と、「鯨肉は横領されたもの」と激しい反論を繰り返す弁護側が真っ向から対立した。

 検察側は証拠調べで、佐藤潤一(33)、鈴木徹(43)の両被告と共に横領を調査していたメンバーの供述調書を朗読。発信器を使って輸送中の段ボールを追跡した経過を明かし、計画的に及んだ窃盗だったことを強調した。

 調査捕鯨を請け負った船会社の幹部など2人に対する証人尋問では、盗まれた鯨肉が、長期航海を慰労するために船員に配ったものだったとし、被告側が主張する「横領」はなかったとたたみ込んだ。

 これに対して弁護側は反対尋問で、1人あたりの配布量を上回る10本の鯨肉が段ボールに入っていたと指摘し、その理由を幹部に問いただした。検察側はこの尋問が「誘導的だ」と、横領を前提としていることに異議を唱えた。

 次回公判は3月8日に開かれ、弁護側の申請した捕鯨船員の証人尋問などが行われる予定。

防衛コンサル事件、判決は3月29日最終弁論 脱税の無罪あらためて主張(産経新聞)
違反切符を破棄、消防士逮捕=シートベルト未装着-広島県警(時事通信)
<石川衆院議員>離党届を提出、小沢幹事長が受理 民主党(毎日新聞)
<プリウス>タクシー「乗車拒否が心配」 リコールで波紋(毎日新聞)
独法の制度改革に意欲=小沢氏批判はトーンダウン-枝野刷新相(時事通信)

大阪府医師会長に“民主寄り”伯井氏初当選 日医会長選に影響(産経新聞)

 大阪府医師会の会長選挙で、元副会長の伯井(はくい)俊明氏(65)が、4選を目指した現会長の酒井國男氏(66)を破り初当選したことが15日、分かった。任期は4月1日から2年間。

 伯井氏は4月に予定される日本医師会(日医)の会長選で、昨年衆院選で民主党候補を支援した原中勝征・茨城県医師会長への支持を表明している。府医師会は会員数約1万7600人で、東京に次ぎ全国2番目の規模で、日医会長選にも影響を与えそうだ。

 平成20年2月に行われた前回会長選も同じ顔ぶれで、酒井氏が1票差で当選。伯井氏側が大阪地裁に選挙無効の訴えを起こし、1審、2審で敗訴し現在、上告中。

 今回の選挙は代議員272人が投票し、伯井氏149票、酒井氏123票だった。伯井氏は大阪府松原市の開業医で、専門は小児科。府医師会の副会長や、日医の常任理事を歴任している。

【関連記事】
診療報酬改定 開業医に甘すぎては困る
民主党政権初の診療報酬改定、病院重視の政務三役に医系議員が巻き返し
開業医と病院の再診料、690円で一本化 中医協
日医会長選に京都府医師会長が立候補へ 近畿6府県で推薦予定
民主と日医が政策勉強会 参院選に向け連携か

【町工場から五輪へ】(4)スピードスケートの砥石 (産経新聞)
水木しげるロードに「妖怪ベンチ」(産経新聞)
解体工少年から「罪をかぶれ」17歳少年が供述…石巻3人殺傷(スポーツ報知)
鳩山首相 「党の判断ある」石川議員進退で(毎日新聞)
【新・関西笑談】女性は一生輝ける(3)上海観光親善大使 本堂亜紀さん(産経新聞)

<広島原爆慰霊碑>パレスチナ議長が献花 世界の平和を訴え(毎日新聞)

 パレスチナ自治政府のアッバス議長が7日来日し、広島市中区の原爆慰霊碑に献花するとともに、原爆資料館を見学し、「我々が訴えるのは世界が平和であるべきこと。核兵器、大量破壊兵器がないことが重要」などとアラビア語で記帳した。パレスチナの現役閣僚級以上の広島訪問は初めて。

 アッバス議長は同館の展示を見学後、「世界各国は大量破壊兵器の核兵器を廃絶すべきだ。パレスチナの人々はこれまで戦争に大変苦しんできた」と話したほか、オバマ米大統領が核兵器廃絶を唱えていることについて記者から問われると、「我々も同じ考えだ」と述べた。

 また、アッバス議長は原爆慰霊碑訪問に先立ち、広島県内のホテルで湯崎英彦知事と約10分間会談。「訪日を広島から始められ、光栄に思う。世界で初めて原爆投下の惨禍を経験した広島の復興への努力に敬意を表したい」と述べ、「全世界のリーダーは広島で学び、世界平和に関する会議も開催されるべきだ」と話した。

 アッバス議長は10日まで日本に滞在予定。8日に鳩山由紀夫首相と会談し、パレスチナ自治区への経済支援と和平への日本政府の関与を協議する。【井上梢、豊田将志】

【関連ニュース】
パレスチナ:アッバス議長が広島初訪問、原爆慰霊碑に献花
原爆ドーム:被爆前の姿再現 日米の映像チームが共同作業
20年五輪:長崎市、広島市との共催断念
パレスチナ:アッバス議長訪日 広島訪問へ
イノウエ米上院議員:普天間「5月の結論なし」関係に影響

<松坂牛の器>余ったヒノキで高級感アップ 三重県が開発へ(毎日新聞)
小沢氏訪米までに普天間解決を=細野氏(時事通信)
<名古屋裏金>104人処分 390万円返還へ(毎日新聞)
<交通事故>原付きバイクと乗用車衝突 中学生3人重傷(毎日新聞)
「普天間拒否」の稲嶺名護市政スタート 反米闘争勢力の拠点(産経新聞)

アッバス議長が広島訪問、原爆慰霊碑に献花(読売新聞)

 来日中のパレスチナ自治政府のアッバス議長が7日、広島市中区の平和記念公園を訪れ、原爆死没者慰霊碑に献花、広島平和記念資料館を視察した。

 同資料館では、被爆直後の市街地を再現した模型や、被爆者の写真などに見入り、「広島、長崎に起きたことに、心が痛む。核兵器、大量破壊兵器のない世界の実現が重要。日本が廃虚から復興し、経済大国になったことに敬意を表したい」などと記帳した。

 今回の来日は、鳩山首相らと中東和平の現状などについて意見交換することが目的。来日は3回目だが、広島入りは議長の希望で初めて実現した。

将棋 王将戦七番勝負第3局 静岡県掛川市で始まる(毎日新聞)
陸山会のマンション、小沢氏へ謎の所有権移転(読売新聞)
羽毛恐竜、全身の色を推定=色素を現在の鳥と比較-中国(時事通信)
陸山会事件 石川議員、保釈 報道陣の問いには答えず(毎日新聞)
【新・関西笑談】女性は一生輝ける(3)上海観光親善大使 本堂亜紀さん(産経新聞)

「港目指し逃亡」と供述=国外脱出図る? -名古屋ひき逃げ・愛知県警(時事通信)

 名古屋市熱田区の国道交差点で男女3人が死亡したひき逃げ事件で、ブラジル国籍の無職カブラル・エウェルトン容疑者(31)=窃盗容疑で逮捕=が調べに対し、「名古屋港を目指して逃げようと、みんなで申し合わせた」と供述していることが6日、愛知県警熱田署捜査本部への取材で分かった。
 捜査本部は5日夜、危険運転致死などの容疑で、車を運転していた同国籍の職業不詳ロシェ・デ・フレイタス・ファブリシオ容疑者(26)を逮捕。両容疑者らが海外逃亡を図ろうとした可能性もあるとみて、事故後の詳しい逃走経路などについて調べている。 

【関連ニュース】
運転のブラジル人を逮捕=名古屋ひき逃げ、容疑否認
運転のブラジル人、指名手配=名古屋ひき逃げ・愛知県警
別のブラジル人同乗者が出頭=携帯の男か、逮捕へ
岐阜のブラジル人が運転か=名古屋ひき逃げ
同乗のブラジル人逮捕=逃走用の車、窃盗未遂

タクシー走行中にコンビニ物色=銃刀法違反で運転手逮捕-神奈川県警(時事通信)
「身引くことも含め、小沢氏はけじめを」…枝野氏(読売新聞)
<自民党>栃木県連 参院選候補予備選で一部ネット投票導入(毎日新聞)
<節分万灯籠>ろうそくに無病息災の願い込め 春日大社(毎日新聞)
触った相手は女性警官、痴漢容疑で現行犯逮捕(読売新聞)

雅子さまご体調「医師団見解」全文(下)(産経新聞)

 (ロ) 妃殿下をお支えする方々には、今後のご活動の適正な配分に関しても慎重にご検討いただきたいと考えております。妃殿下は、何事にも心を込めて取り組んでいらっしゃいました。ご公務はもちろん、育児などご家庭内のことや、東宮御所内でのお仕事など、なさらないといけないことが沢山(たくさん)おありになるなかで、できるだけ多くの要請に応えようとして、お疲れを表に出さずに無理をされる場面が少なからず見受けられます。しかも、こうしたご活動を複合的に行われることは、現在の妃殿下のご体調ではご負担の大きいものです。従いまして、今後は、こうしたご活動を適正に配分してご負担を軽減していただくことが、さらなるご快復のために重要になってくると考えております。 

  [フォト] 2年ぶり地方ご訪問 雅子さま、笑顔でお応えに

 (ハ)まずご公務ですが、妃殿下は、ご公務への復帰にむけて今後とも努力されることになると思います。その際に、ご快復が進むにつれてご公務を行われることへの期待もより大きくなるものと考えられますが、それが妃殿下にとって過分のご負担とならないような配慮が必要です。また、ライフワークとなり得るご活動を行われることは、大きな自信につながるものであり、心の健康を保つためにも重要なものですが、そうしたご活動を見つけていかれるためには十分な余裕と時間が必要です。従いまして、今後は、十分に時間をかけながらライフワークにつながる可能性のあるご活動を見つけられることにも力を注いでいただきたいと考えております。

 (ニ) 妃殿下の海外へのお出かけに関して若干触れておきたいと思います。東宮職医師団としましては、公式の日程がお続きになる海外公式ご訪問は、妃殿下にはご負担が大き過ぎると考えております。従いまして、将来的に海外ご訪問をご検討いただく場合には、ご負担が少なく期間も長くない私的なご訪問をまず検討していただくことが望ましく、ご治療の面からも効果的であると考えております。

 (ホ) 妃殿下には、育児を中心としたご家庭の中の役割も重要です。妃殿下はご家庭をことのほか大切に考えられ、皇太子殿下や愛子内親王殿下とご一緒の時間を大切になさっていらっしゃいます。また、皇太子殿下が安心してご公務に励まれるように、そして愛子内親王殿下が健やかに育たれるように、いわば裏方としてずいぶん多くの時間を使っていらっしゃいます。皇太子殿下のお仕事のお手伝いや育児のご相談、愛子内親王殿下の学校行事や勉強のお手伝い、三殿下での団欒(だんらん)などの家庭的なご活動は皇太子殿下、愛子内親王殿下にとりましてもとても大きな意味を持つもので、これからもぜひ大切にしていっていただきたいと考えております。

 (ヘ) 愛子内親王殿下のご成長やお友達との交流の広がりをご覧になることは、妃殿下にとって喜びであるとともに、心の癒やしにもなっています。これまで東宮御所内やこどもの城、さらには学習院幼稚園や初等科での愛子内親王殿下のご活動やお友達との交流の広がりは、愛子内親王殿下の成長に大きな助けとなってきました。そして、それを見守り手助けされることが妃殿下のお心の支えになってきています。またこれまで、内親王殿下の先生方やお友達のお母様方が妃殿下と温かく自然に接していただいてきていることも、妃殿下にとり大きな力になっています。妃殿下は、こうした温かい人間的な触れあいをとても大切に思われて心から感謝されていらっしゃるご様子であり、このことがご快復に向けての大きな力になってきていることからも、ぜひこうしたご活動を大切にしていっていただきたいと考えております。また、人間的な触れあいという意味で、国民の皆様が温かい目で見守ってくださっていることも妃殿下のお心の支えとなっていると拝察しております。

 (ト)妃殿下ご自身のご友人との交流も、妃殿下のお心の健康にとりまして、とても大切です。東宮職医師団は、妃殿下が、皇太子妃というお立場もあって自由にご友人にお会いになる機会が少なくなっていたことも心のバランスを崩される一因になっていたと考え、そのような交流を増やし発展させていっていただくようにお勧めして参りましたが、今後もそうしたご関係を大切にしていっていただきたいと考えております。 

 (チ) 運動など体を動かされるご活動を通してご体調を整えられ、気力や体力の充実をはかっていただくことも大切ですので、そうしたご活動をこれまでのように続けていっていただければと考えております。

               ◇

 妃殿下は、皇太子妃としての立場や責任の重さを深く認識されていて、復帰のために懸命に努力され、ご治療開始以降、長い目で見ますと、ご病状は大きく改善してきていらっしゃいます。ただ、これまでのストレス状況やご闘病が長期にわたっていらっしゃることを考えますと、ご活動の幅を更に大きく広げていただくまでには、さらなる時間が必要であると考えられます。

 従いまして、妃殿下には決して焦られることなく、現在のご活動を時間をかけて着実に継続していっていただきたいと考えております。その過程では、妃殿下が一つ一つ努力され、工夫され、試行錯誤を繰り返される場面もあるかと思いますが、これはご快復に向けてのご治療を進めていく上で必要なものでもあります。国民の皆様におかれましては、こうした治療上の配慮と、前向きにかつ真摯に努力しようとされている妃殿下のお気持ちをぜひご理解いただき、引き続き長い目で温かく見守っていただくようご協力をお願い申し上げます。

 =(完)

【関連記事】
雅子さまご体調「医師団見解」全文(上)
天皇陛下「夜のご執務」相次ぐ 書類が来ない…
「天皇陛下は江戸城より京都・広島に」亀井氏が進言
皆様の温かい気持ち、大きな支え 雅子さまご感想全文
【皇太子さま誕生日会見】(3)雅子さま、公務ご復帰の見通しは?

<ひき逃げ>車が歩道に突っ込み3人死亡 車の男女4人逃走(毎日新聞)
松江で住宅火災 2人の遺体、親子か(産経新聞)
<1歳女児虐待死>母親らを傷害致死罪で起訴(毎日新聞)
石川知裕議員 辞職せず 支援者に意向伝える(毎日新聞)
小沢氏、米要人と2日に会談=普天間問題で意見交換(時事通信)

<農業助成金>10年間で5100万円過払い 大分・国東市(毎日新聞)

 農業に不利な条件を抱える地域での農業生産に助成金を支払う「中山間地域等直接支払交付金制度」の運用をめぐり、大分県国東市で10年間にわたって、助成対象ではない農地に対して助成金を支払うなどし、過払い額が計5100万円にのぼることが同市への取材で分かった。同県内では05年に同様の過払いが他の自治体で判明し、県が指導した際にも精査せず、見過ごされたままだった。

 市が過払いしていたのは、同市安岐町(旧安岐町)の28集落(約700世帯)。同制度は00年度に始まり、今年度で10年目。ところが、旧安岐町では、当時の担当者が現地確認などを怠り、(1)助成条件の農業振興地域以外(2)墓や倉庫などを建てた土地(3)途中からコメづくりをやめ、山林や畑になった場所--にも助成金を支払っていたという。

 06年の合併で国東市が発足した後も、旧安岐町職員が担当していたため過払いが分からなかったが、昨年春に人事異動で他町出身の職員が配属になって問題に気づいたという。市は今後、集落責任者らと過払い分の返還方法などを協議する。

【祝部幹雄】

女子中学生に裸画像送らせる 学校に送信も 児童ポルノ容疑で会社員逮捕(産経新聞)
「御影高杉」が初コラボ CD付き「うたチョコ」人気(産経新聞)
<殺人未遂容疑>仙台育英高の留学生逮捕 生徒刺す(毎日新聞)
国側が控訴断念=知的障害者の年金不支給訴訟(時事通信)
赤旗vs日刊ゲンダイ 小沢疑惑報道で「場外乱闘」(J-CASTニュース)

下水処理水を輸出=中東などの農・工業用-空荷のタンカーで輸送・国交省検討(時事通信)

 国土交通省は、地方自治体の下水処理水を水不足の中東諸国などに輸送し、農業・工業用水として利用してもらう事業に乗り出す。空荷のタンカーや貨物船のバランスを保つ「バラスト水」として運ぶことで、輸送コストは低く抑えられるという。既に自治体などと共同で検討会を設置しており、2010年度以降、事業化に向けた詳細な調査に取り組む方針だ。
 下水処理水は、国内では公園のせせらぎや水路の用水などに利用されているが、再利用率は約1.5%にとどまり、多くは未活用のまま河川や海に放流されている。
 これを、石油、鉄鉱石などを輸入するため日本から空荷で出航する船にバラスト水として注入し、相手国に輸送する。相手国では農場で散布する水に使ったり、工場の機械冷却水に活用したりしてもらう。 

【関連ニュース】
大手商社、軒並み大幅減益=日航関連損失は950億円-4~12月期
三井物、純利益予想を1400億円に上方修正=期末配当2円増額
商船三井、10年3月期業績予想を上方修正=中国の資源需要が追い風に
BHP、西豪州での19億3000万米ドルの鉄鉱石生産拡大投資を承認
山形で豚が新型インフル=国内2例目

山崎拓氏、自民を離党せず 70歳定年制で非公認も(産経新聞)
刑事責任なら辞任示唆=民主・小沢氏(時事通信)
座り込みや集会主導 都職員10人懲戒処分(産経新聞)
「みんな死んでしまえ」「目標は100人」… 読み上げられる掲示板の書き込み(産経新聞)
未納給食費の天引き、22年度導入は断念(産経新聞)

わいせつ殺人、起訴内容認める=裁判員裁判で43歳男-静岡地裁支部(時事通信)

 静岡県沼津市で2004年に女性にわいせつ行為をした上、殺害したとして、殺人罪などに問われた建設作業員松井健一被告(43)の裁判員裁判が1日、静岡地裁沼津支部(片山隆夫裁判長)で始まり、松井被告は起訴内容を認めた。
 冒頭陳述で、検察側は「動機は自己中心的。自己の性欲を満たすために強制わいせつをし、犯行を隠し、罪を免れるために殺害した」と指摘。弁護側は「無計画、突発的な犯行で、被告の生い立ちが影響している」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
長男殺害、両親に実刑=裁判員「知的障害に支援必要」
介護疲れ夫刺殺、妻に実刑=裁判員「もっと国支援を」
妻殺害の男に懲役11年=裁判員「若い人も積極参加を」
強姦致傷で懲役9年=一部否認の裁判員裁判

宮古・八重山地方で震度3 震源は石垣島近海(産経新聞)
厚生年金の脱退手当金、19万人支給漏れ(読売新聞)
ビールにパフェ…ファミレスで9時間無銭飲食(読売新聞)
天皇陛下が風邪の症状(時事通信)
診療明細書、全患者に無料で…10年度義務づけ(読売新聞)

部屋割りも「小沢支配」? =新議員会館、距離感くっきり-民主(時事通信)

 急ピッチで建設が進む衆院新議員会館2棟の部屋割りが決まった。民主党では、小沢一郎幹事長と同じフロアに側近議員らが集められる一方、同氏に批判的とされる議員は別の階に。小沢氏との「距離感」を反映した部屋割りとなった。
 新会館は地上12階地下5階建てで、7月ごろに引っ越しが始まる予定。会派ごとに部屋が割り振られたのを受け、民主党は小沢氏に近い幹部を中心に調整した。
 小沢氏は新第1会館6階の605号室で、現在の部屋番号と変わらず。両隣も今まで通り、同氏に近い山岡賢次国対委員長と樋高剛副幹事長が占める。さらに、同じ6階は「小沢ガールズ」と称される昨年の衆院選で初当選した福田衣里子、田中美絵子氏らで固められた。
 一方、現在は小沢氏と同じ6階に事務所を構える前原誠司国土交通相は新第1の8階に。前原氏を含め、小沢氏と距離を置く有力議員「7奉行」のうち5人が8階に集結した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏を不起訴~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘~経産省と組んだ菅副総理~
難問山積 問われる首相の決断力~普天間、小沢氏団体問題にどう対応?~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

日本中の患者を“中医協委員”に(医療介護CBニュース)
「きぼうを使い尽くせる」=宇宙基地運用延長に日本側-月探査断念「影響少ない」(時事通信)
<企業献金>与野党に温度差 規正法改正が焦点に(毎日新聞)
車の鍵、遺書なく…=不審点捜査、「自殺」覆る-状況証拠で立証へ・連続不審死(時事通信)
小沢氏不起訴=幹事長続投へ-石川議員ら3人起訴・陸山会事件・東京地検(時事通信)

トキの雌、再び佐渡へ 雄のねぐら近くに飛来 繁殖期待(産経新聞)

 新潟県佐渡市で昨年9月、野生復帰を目指して放鳥された国の特別天然記念物のトキ20羽のうち、今年1月に本州に渡った雌1羽が再び佐渡に戻ってきたことが2日、わかった。飛来した地域近くは繁殖期に入った雄2羽がねぐらにしていることから、繁殖の期待が高まっているが、雌ばかりが本州に渡っており、この雌も再度、本州に飛んでしまう恐れもある。

 確認されたのは、昨年9月に2次放鳥された20羽(1羽は保護ずみ)のうち1月16日に新潟県五泉市に飛来した1歳の雌。30日夕に同市にいるのが目撃されたが、2月2日午後1時半すぎには、佐渡市南部の赤泊地区にいるのが足輪の色などで確認された。ここ数日、北東の風が吹いており、その風にのって約40キロの距離がある海を渡った可能性があるという。

 赤泊地区から約10キロ離れた地域をねぐらにしている2羽の雄は繁殖期を迎えたことを示す黒灰色になっているという。ただ、1次放鳥の雌で昨年3月、本州に渡って佐渡に戻ったが再び本州に渡ってしまった例がある。

 毎日トキを観察している酒川善一さん(64)は「雌がなぜ本州に渡ってしまうのかは謎。落ち着いてカップルになってくれたら」と期待を寄せる。

【関連記事】
トキの生息地分散化を支援 日中共同で環境保全策
トキ夫婦、新居にご満悦? いしかわ動物園に移送
トキ2次放鳥の雌も本州へ 関係者やきもき
本州最後のトキの声 民家で録音テープを発見
来年9月にトキ20羽を放鳥 環境省の専門家会合

首相が会見でまた“勇み足”…メキシコ大統領会談(読売新聞)
【中医協】アクトスなど市場拡大再算定品目が決定(医療介護CBニュース)
【中医協】歯科初再診料の引き上げを了承(医療介護CBニュース)
亀井金融相「うるさいからうるさいと言っただけ」(読売新聞)
石川議員の辞職決議案を提出=野党3党(時事通信)

上質で着心地グッド! 3万円以下イタリア製スーツ好評(産経新聞)

【ファッション・ナビ】

 近鉄百貨店阿倍野店の6階紳士服売り場に昨年9月、オープンしたスーツショップ「ザ・スーツプラス」は、百貨店ならではの上質なオリジナルスーツを、値ごろ感のある1万9千円と2万9千円のツープライスで販売し、好評を得ている。

 スーツの品質を大きく左右する生地は、しなやかな風合いと着心地の良さが特徴のイタリア製を使用。幅広い年齢層をターゲットに、シンプルなデザインと幅広いサイズを展開する。紳士服担当バイヤーを務めるMD統括本部紳士服・紳士洋品部の藪隆治係長は「値ごろ感のある価格でなおかつ、百貨店ならではの品質を実現したかった」と同店のコンセプトを説明する。

 ショップの企画段階で行った独自調査では、消費者がスーツを購入する際の平均価格は約3万円との結果が出た。だが、百貨店が扱う既存のスーツは中心価格帯が6~7万円前後で、消費者のニーズとのずれが鮮明となった。「市場での売れ筋価格の商品が欠落していた」(藪係長)と痛感し、3万円以下のツープライスに特化した戦略で新たな顧客層の開拓に乗り出した。

 中間マージンを削減するため国内有数の縫製メーカーとの直接取引や、工場の繁忙期を避けた早期大量発注などによりコストダウンの工夫を重ねた。商品の質を高める一方で、販売面でも日本百貨店協会が認定する業界共通の販売資格「フィッティングアドバイザー」の取得者を売り場にそろえた。商品だけでなく、高い接客技術による満足度の向上で百貨店の良さを再認識してもらうためだ。

 近年の低価格志向の高まりにより量販店、専門店へ流れた紳士服の顧客に「もう一度、百貨店の品質やサービスの良さを認識してほしい」(藪係長)との思いが込められた同店。9月の開店以降、今まではあまり見かけなかった父親が息子を連れて買い物に来るケースもしばしばあるという。「お買い上げいただいたお客さまが、あまり百貨店でスーツを買う習慣のない息子さんに勧めてくださるようです」(藪係長)と、新規顧客の獲得にも手応えを感じている。

 現在は阿倍野店のみだが、3月からは上本町店▽奈良店▽橿原店▽和歌山店▽四日市店-の5店舗でも販売を開始する。また、平成22年秋冬物では、お客さまの声を反映しパターンオーダーのスーツや、紳士コートにも商品の拡充を計画するなど、消費者のニーズを踏まえた取り組みを強化する方針だ。藪係長は「高品質と値ごろ感を両立させ、消費者に百貨店の良さをアピールすることが百貨店回帰のきっかけになれば」と語った。

【関連記事】
発想を形に 服飾専門学校生がショップ運営
ど真ん中は狙わない 関西発ファストファッション「イーヴス」
今年の流行を占う 明るくポジティブ
長短“二極化ブーツ” 冬脚席巻
10年春夏東京コレクション 個性的な味わいお試しを

成田上空の金属片落下、エンジン部品腐食が原因(読売新聞)
偽1万円札で「援交せん?」33歳会社員逮捕(スポーツ報知)
<インフルエンザ>患者は8週間ぶりに増加(毎日新聞)
判決に不満の態度の被告 裁判員は「残念」(産経新聞)
同盟深化、具体策を議論=普天間は平行線-日米(時事通信)

小沢氏問題、冷静な対応を=民主内の「けじめ」発言-鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は1日午前、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる事件に関連し、党内の有力議員から小沢氏に幹事長辞任も含む「けじめ」を求める発言が相次いだことについて、「自浄能力は党として発揮しなければならないが、この具体的な問題については冷静に見守るしかない」と述べた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~ゼネコン側、妨害恐れ献金~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
捜査は検察の政権つぶし~民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~

小沢氏の進退「本人が判断すること」…首相(読売新聞)
<自民党>激励というより苦言 テリー伊藤ら機関紙に寄稿(毎日新聞)
首相不起訴は「不当」 検審に申し立て(産経新聞)
<泉鏡花>「摩耶夫人像」遺族が松竹に寄贈(毎日新聞)
<子ども手当>11年度満額支給は困難 野田副財務相(毎日新聞)

収賄容疑で前福岡県副知事の逮捕状請求(読売新聞)

 福岡県町村会の裏金による同県幹部接待疑惑で、中島孝之・前副知事(67)が、町村会側に便宜を図った見返りにわいろを受け取った疑いが強まり、同県警捜査2課と博多署は2日、収賄容疑で中島前副知事の逮捕状を請求した。

 全国町村会長で県町村会長の山本文男・添田町長(84)についても贈賄容疑で逮捕状を請求しており、福岡県ナンバー2に対する接待疑惑は、全国の町村会トップを巻き込む贈収賄事件に発展した。中島氏を任命した全国知事会長の麻生渡・同県知事の責任も問われそうだ。

 関係者によると、中島氏は、75歳以上の高齢者らが対象となる後期高齢者医療制度を巡り、福岡県内の町や村が支払う負担金を少なくするなど便宜を図った見返りとして、山本会長らから、わいろを受け取った疑いが持たれている。

 後期高齢者医療制度は2008年4月に導入された。同県内の全市町村でつくる後期高齢者医療連合が運営しており、中島氏は06年9月に発足した同連合会設立準備委員会の会長を務め、山本会長は委員会のメンバーだった。

 連合会の設立当初、市町村の負担金の割合を巡り、市側と町村側が対立していたという。県警は中島氏が町村側の負担を軽くするよう工作した疑いが強いとみている。

 町村会については、町村会業務課参事・天野敏哉(49)、元町村会事務局次長・田中剛佑(70)両被告が、町村会や財団法人・福岡県市町村振興協会から計約285万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で逮捕、起訴されている。

 天野、田中両被告は「中島氏ら県幹部を福岡市・中洲の高級クラブやマージャン店で接待し、北海道旅行などに招待した」と供述。県警は、中島氏が接待の見返りに町村会側に便宜を図っていなかったかどうか、捜査していた。

 中島氏は町村会から陳情や要望を受け付ける県地方課(現・市町村支援課)の勤務が長く、1999年に副知事に就任。町村会の顧問や振興協会の副理事長も務めていたが、接待疑惑が浮上した昨年12月21日、「一身上の都合」を理由に辞任した。読売新聞の取材に対し、「町村会に対する職務権限はなく、接待を受ける関係にない」として、接待疑惑を否定していた。

 山本会長は71年に添田町長に初当選し、現在10期目。92年から福岡県町村会長、99年から全国全国町村会長を務めている。

障害者自立支援給付 新宿区が「65歳以上認めず」の内規(毎日新聞)
神奈川県教委、不起立教員の氏名収集を継続(産経新聞)
妻に灯油掛け放火=殺人未遂容疑で夫逮捕-茨城県警(時事通信)
<天王寺動物園>天王寺蕪を収穫 ゾウの糞肥料に 大阪(毎日新聞)
雑記帳 トラフグの皮で美肌プリン開発 別府のホテル(毎日新聞)

<書の甲子園>大阪市立美術館で開幕(毎日新聞)

 「書の甲子園」として親しまれている第18回国際高校生選抜書展(毎日新聞社、毎日書道会主催)が2日、大阪市天王寺区の市立美術館で始まった。国内部門には過去最多の875団体が出品。24の国・地域から1万5090点の応募があり、入賞・入選作品2157点を展示している。

 高校書道部を舞台にした漫画がテレビドラマになるなど、書道は人気が高まっている。会場には、一字書など力を発散させる大胆な作品のほか、紺地の紙に金泥で書かれた968文字の唐時代の碑文など細部にこだわった作品などを展示。作品が入選し、会場を訪れた川崎市立商業高校2年、新井美保さん(17)は「今回の作品は力の入れ方が難しかった。勢いのいい字が好き。書道は時間を忘れて没頭できる」と話していた。

 7日まで。午前9時半~午後5時(入場は午後4時半まで)。無料。【平川雅恵】

【関連ニュース】
毎日写真コンテスト:優秀作品展始まる 東京・赤坂で
ちぎり絵:展示中の名画を再現 親子ら30人参加--県立美術館 /佐賀
展示会:漁労と川舟輸送、「江の川」民俗学ぶ--三次 /広島
新春毎日書き初め展:受賞者・団体を表彰 作品展示会も始まる--呉 /広島
写真展:四季の富士山、表情さまざま--玉城 /三重

小沢氏「責任」言及 低姿勢貫き逆風回避 検察・マスコミ批判も封印(産経新聞)
橋下知事が「神戸空港は失策」(産経新聞)
<通天閣>恒例の「福豆まき」…ゲストに橋下知事(毎日新聞)
国が止めても県が入札開始…八ッ場ダム関連工事(読売新聞)
航空トラブル NZ機が離陸滑走中に急停止し煙 成田空港(毎日新聞)

住所は「地球周回軌道上」=野口さん、個室に表札(時事通信)

 宇宙航空研究開発機構は1日、国際宇宙ステーション(ISS)で長期滞在中の野口聡一さん(44)の日常生活の様子を収めた映像を公開、野口さんは日本実験棟「きぼう」内の個室に取り付けた日本風の「表札」を紹介した。
 ISS長期滞在要員には、プライベートな時間を過ごせる個室があり、野口さんにはきぼう内の個室が割り当てに。個室のドアにある「地球周回軌道上国際宇宙ステーション きぼう 野口聡一」と書かれた表札を示し、「半年間ここに住んでいるので、番地を書いてあります」と紹介した。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【Off Time】再生-富士山測候所の今
〔写真特集〕太陽と月の神秘 日食
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト

押尾学被告、保護責任者遺棄致死罪などで追起訴(読売新聞)
警官発砲、遺族の請求退ける=「市民にも危害の可能性」-奈良地裁(時事通信)
普天間移設「冷静に見守って」「すべてが今、ゼロベース」 首相(産経新聞)
プルサーマル受け入れ自治体へ、交付金復活(読売新聞)
市局長補佐が募金19万円着服、フィリピン人妻の実家に送金(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。